市川珈琲3店 珈琲タンネ、麻生珈琲、珈琲飄々

だんだん暑く湿度が高い季節になってきました。

 

むわーーっという時期はちょっとでも爽やかになりたいですよねぇ~

 

そんなわけで今日は、まえまえからの懸案事項である「棚」の作成をしました。

 

 

妻と二人で協力して棚を作りました。

 

いい感じっす。

 

なんか雰囲気かわっていいかんじぃ~

 

棚を新装

棚を新装

午前中いっぱい作業に費やしたので、今日は近場。


市川散歩です!!

 

市川シャポーは2019年6月28日にリニューアルオープンしたようで、

 

まずは行ってみました!!

 

ちょうどお昼時だったので、どこもは入れません!!

 

無茶苦茶アゲアゲモードでした。

 

スーパーは紀伊国屋なんかが入ってました。

 

アゲアゲすぎて、お昼ご飯を食べようかなぁ~って思ったけどどこもダメです。

 

「どうしようかぁ~」

 

「タンネコーヒーの本店行ってみない」

 

「ナイスアイディア!!」

 

シャポーから出てすぐに到着!!

 

初めて珈琲タンネの本店に行きました。

タンネコーヒー

タンネコーヒー

結論として正統派喫茶店です!!

 

昼食がてらナポリタンとコーヒーのセット。

 

ナポリタンはご想像の通りの味わいです。

 

サラダのドレッシングに、ちょっと唐辛子のような辛いパウダーが少しかけられており

 

いい具合であった。こういうちょっとした工夫が素敵。

 

 

食後のセットコーヒー。

 

 

うぉぉぉーーー

 

おいしいぃぃぃーーー!!

 

いい感じっす。

 

ほろ苦く、甘くいい感じ。

 

冷めてくると酸味すら感じる。

 

カラッといい感じに焙煎されたコーヒーを使って淹れられているなぁ~と思いました。

タンネコーヒー

タンネコーヒー

普通のコーヒーですが、ほんと普通に美味しく素晴らしい!!

 

店内にはなんと、プロバットの釜が鎮座してます。

 

マスターは焙煎しながら接客もこなしてました。

 

度の豆かわかりませんが、焙煎時間を計ってみると大体16~7分ぐらいで釜から上げてました。

 

豆にもよると思いますが、極端に短い焙煎ではないようです。

 

 

妻はデザート用に注文したチョコレートパフェにすごく大喜び。

 

甘いものは最近控えているので、たまにこういったものにありつけて無茶苦茶うれしそうだ。

 

妻はロイ〇のチョコパフェを越えたと言ってました(笑)

 

また変に今風ではなくごちゃごちゃしすぎないパフェに好感を持てるといいました。

 

 

パフェを食べていたら、よくよく知っているコーヒーラヴァーの男の子が入ってきた。

 

あ、ここで働いているんだーー

 

偶然の出会いに嬉しくなりました。

 

次の世代のコーヒーマン頑張ってくれ!!

 


 

超絶満足して次のコーヒーを飲みに行きます。

さらに市川の超有名店

麻生珈琲!!

麻生珈琲2019.7.1

麻生珈琲2019.7.1

 

しばらくぶりの訪問だ!!

 

中煎り マンデリンを頂く。

 

素敵な内装とカップの展示に妻が大喜びだ!!

 

おおおおおーーー

酸味から香ばしく甘い。

ほんとにほんとにうっすらマンデリンハーブの気配。

 

香ばしい感じのコーヒー

あんがいクラッシックスタイルの味わいだなぁ~と感じました。

 

夜のハンバーガーがものすごく美味しそうなので、いつか夜も来たいなぁ~と思いました。


 

それからテクテクテクテク。

 

市川の有名モニュメント。

 

象!!

サパナというカレー屋のオブジェだ。

サパナ 象

サパナ 象

衝撃だぜ!!

 


それでテクテクテクテク。

 

いつもの

 

市川のコーヒーっていったら

珈琲飄々!!

 

おススメデミタス!!

 

タンザニア!!

 

うーーーーーーーーーー

いつも通り!!

滑らかで甘い!!

滑らかだ!!ほんーーと!!

ほんのうっすら酸味ではないのだけど、ちょっとした苦みと甘味に切り替わるところに

チラっと見える特有の表情が確かにタンザニアを深く煎った時にしか出ない味があると思った。

あの感じをなんと例えればいいのかな~

美味しいです!!

 

飄々 デミタス

飄々 デミタス

それから、エチオピア モカ デミタス!!

 

 

ぶほーーーー

こっちも深く滑らか!!

結構深いけど、モカの気配がある。

ハッキリというよりかは気配がある。っていうニュアンスが僕にはしっくりくるが

ある。

やはり苦みが先行しつつ、なめらかに甘く少し匂ってくるような輪郭。

ここのところ立て続けに飲んでいる、珈琲店長月や珈琲屋うずに苦味とは違うんだよなぁ~

 

と感じる。

 

 

妻はさっきのタンネコーヒーのパフェの感動や最近役員になった自治会の話などを斎藤さんにしている。

 

けっこう近場なのでゆーーーくり飄々を楽しむことができました。


 

今日の夕食はカレー!!!

いつものカレー

いつものカレー

製作はいつもとおんなじ感じで、やりました。

 

今日もビシバシカレーがうまし!!

 

 

今日はまぁまぁ歩いて13000歩。

 

コーヒービシバシ頑張ります!!!!

 

ひっさしぶり?!珈琲屋うず 一番街をいったり来たり(笑)

今日は珈琲屋うず!!

 

うずしかありえない!!

 

船橋から下北沢を目指す。

 

早めについて、昼食。

 

ミックスチャーという一番街商店街のイートインもあるパン屋で昼食。

 

様々な種類のパンとピザが売りのお店。

 

雨降る日だけど結構お客さんが来ている。

 

入り口の2人掛けの席には僕たち夫婦と、子連れ。若い女性。若くはない別々の男女。

 

一番奥の2人掛けの席にはどれくらいいるのかわからない男性が時間を持て余している。

 

僕たちは本日のサンドイッチ&本日のピザを二人で分け合いながら、キャーキャー言いながら

 

食べる。

 

いい感じのパン屋さんでちょっとイートインがあるって素敵!!

 

うふふな感じでお店を後にして、うずへ向かう・・・

 

うずのそばから良い焙煎のにおい。

 

やってんなーーーって感じです。

 

お店の前にいくと・・・

 

んんんんんーーー

 

お店開いてない???

 

いや、営業時間が13時からだった!!

 

間違えた。

 

12時からかと思ってました。

 

そのまま一番街へとひきかえす。

 

あーーベアポンドで、コーヒー飲んでくるかなぁ~

 

と言っていたら急降下!!

 

ぐ、ぐぐぐぐ。。。。

 

お腹が・・・・

 

ピンチの気配を感じてローソンへ・・・

 

トイレ借ります!!

 

と、トイレを借りようとするとすでに先客が。

 

しかもカットインしてもう一人並びやがる。

 

絶対に間に合わない!!

 

そのままダッシュで一番街を抜けて、旧踏切を越えて交番に駆け込む。

 

(内心ここでトイレ借りられないかな?と思いながら必死の形相で公衆トイレを聞く)

 

すいません。ここから一番近い公衆トイレは?

 

駅になります。

 

あぁ無常。

 

知ってます。それは。。。

 

後ろを振り返ると妻が早く行って!!わたしにかまわないで!!

 

何かの映画のようだが、もうそんなことは気にかけている余裕はない!!

 

 

 

超絶ダッシュで公衆トイレへ。

 

幸い間に合いました。

 

ありがとう。

いやーーーまぁまぁ歩いた!!

今日は7000歩。

明日からもコーヒー頑張るぜ!!・・・・ではなく(笑)

 

無事にトイレを終えました。

いろんな皆さんに感謝。

 

 

妻は近くのドーナッツ屋でドーナッツを買って食べて待ってました(笑)

 

トイレ事件のお陰で軽く一時間を過ごしてしまう。

 

なんてこった。

 

全然予想していなかった(笑)

 

人生の可能性は本当に素晴らしい。

 

さっき下北沢に下車したときはそんなこと全く思っていなかった。


 

駅からうずへ戻るとちょうど開店したところ。

 

うず2019.6.24

うず2019.6.24

お店について早々、決めていたブレンドを注文。

 

“例の”ブレンド デミタス!!

 

うふうふーーー

コロンビアとエチオピアでできているそう。

うぉぉぉーーー

静かだ!!

静かだ!!

良い意味でフラットだ。

苦いと思っていたらいつの間にか甘かったーみたいな感じ。

苦いのが甘いのにくるまれている。

アハ体験みたく知らないうちに甘かった。

縦の糸と横の糸が細かく細かく編まれていて滑らかな布になっている。

こういうブレンドは素敵だなぁ~と思う。

冷めてくると甘味が静かに甘くていい感じ~

無茶苦茶いい!!

コーヒーの甘味は信じたものだけみつけられるとどこかの誰かが言ったいたような気がするがそんな感じだ。

無茶苦茶、乾いた草っていうかそんな感じ。

 

 

 

それから、途中で入ってきたお客さんの話に耳を傾けながら・・・

 

お次はおススメのストレートでデミタス。

 

コロンビア

 

ふぉぉーーーー

さっきのブレンドに通じる!!

少し苦いかなぁと思っていたら甘い!!

苦味とわずかに酸味も感じつつ甘いっす。

そしてどういうわけだか枯草!!

夏に原っぱで遊んでいて、雨が無くてからからに乾いて白くなった雑草の葉っぱ。

あの感じ。

プラットホームに浮かぶ巨大な球を見る。

うーーーん素晴らしい!!

今日のは上質なスーツの生地よりは乾いた枯草感。

ハツラツというより枯れている草。

目立つより落ち着いている。

そんな印象。

いやぁいいです。

やっぱり造りが違うんだよなぁ~

素敵です。

 

 

しばらくぶりにゆっくりと珈琲屋うずを楽しむ。

 

最高だぜ!!

 

そうしてお店を出ると、雨もほとんど上がっていていい感じ。

 

今日は何度か往復した一番街。

何度か往復 一番街

何度か往復 一番街

くぅぅーー

 

コーヒーのお陰か知らないけどおなかの調子も良いぜ!!

 

 


今日の夕食はお蕎麦!!

 

鶏肉をフライパンで焼いて、焦げ目がついたらひっくり返して、ネギ、しめじ麺つゆを入れて

鶏肉ペタペタ

鶏肉ペタペタ

煮汁がなくなるまで火を入れる。

鶏肉ねぎしめじ

鶏肉ねぎしめじ

はいかんせーー

具だくさんそば

具だくさんそば

梅雨寒の今日にはちょうどいいかんじぃぃーーー

 

今日はまぁ普通で15000歩!!

 

明日からもコーヒー頑張るぜ!!

 

ひっさびさに30分ぐらいの時間かけて焙煎しよーーっと。

自宅でコーヒーからの阿佐ヶ谷散歩 ワゾー&ブネイ

少し古いことを知っているコーヒーラヴァーならビビッと来る話題・・・

 

というかもう知っている人もいるでしょうけど、

 

コーヒーの草分けてきな存在と言えば、東の関口一郎、西の襟立博保のお二人が上がります。

 

残念ながらお二人ともこのこの世にはいません。

 

関口一郎さんは言わずと知れた東京 銀座カフェ・ド・ランブルの創業者。

 

ネルドリップ、オールドコーヒー、デミタスの世界。

 

 

 

襟立博保さんは、今はなき東京 吉祥寺もかをやっていたコーヒーの鬼と言われた標交紀(しめぎゆきとし)さんの師匠―実際には私淑―として有名である。

 

以前もこのブログで、書いたかもしれませんが、標さんが日本中美味しいと思えるコーヒーを求めて

 

大阪を歩き回っていた時に、たくさんのコーヒーを飲んで、もう飲めないなぁ~という時に

 

たまたま導かれるように襟立さんが経営していたなんちへ入ってコーヒーを飲んだところ

 

美味しいと思ったそうだ。

(※詳しく知りたい人は、なんち跡地を訪ねて編を読んでみてください。2016年の記事です)

 

標さんがコーヒーの世界で有名になったことで、さらにコーヒー界で知られるようになった襟立さん。

 

 

そんな襟立さんのお孫さんが北海道にいて、通信販売で豆を売っているそうだ。

 

実は襟立さんの息子さんも北海道でお店をやっていたそうで、その屋号をさらにお孫さんは継いだそうです。

 

その名も「LICHT(リヒト)」

リヒト

リヒト

僕は襟立博保さんの息子さん時代の「LICHT(リヒト)」

 

ゲーテの最期の言葉「もっと光を! Mehr Licht! 」に由来されるとどこかで見ましたが、

 

ちょっと正確かはわかりません。

 

 

たまたまいずみに来るお客様に貴重な豆を頂きました。

 

そして今朝はお家で淹れてみました。

 

デミタスで濃く淹れるというよりも、さーーーーっと淹れる方が僕は美味しく感じる。

 

マンデリンというか、独特の甘味からの風味が出ているコーヒーだなぁ~という印象。

 

一種の散文的な感覚の味わい。

 

まとまっているというか、絵で例えるなら、ある一定の色彩は画面全体から感じるのだが、

 

その画面に点在している色を見ていくような感覚になる。

 

そんな味わいであった。

 

自分で創りだす世界のモノではない違う宇宙がそこには広がっていた。

 

まだ、襟立さんのお孫さんが再開された「LICHT(リヒト)」は初めて間もないとのことで

 

今後の変化が楽しみだなと感じました。

 

お客様のお陰で、そうした最初のコーヒーに触れることができたのですごく嬉しい。


 

さて今日のお出かけは阿佐ヶ谷です。

 

阿佐ヶ谷と言ったら、ワゾーとブネイっす!!

まずは、カフェ・ドゥ・ワゾー

ワゾー2019.6.17

ワゾー2019.6.17

今日は店主の宋さんは新聞をよんでおられました。

 

僕はブラジルオールド レギュラーで

 

くぅぅぅーーーーーー

最高です!!

これは完全にキテル!!

酸味がややあるタイプだが、もう完全にオールド!!

イトー的オールドの分類では昆布系です。

少し表面が白くなっている、日高昆布の匂い嗅いだことあります?

あれの感じが液体にも出ている。

それでフワフワ消えていきます。

もう最高!!

ほんとそれだけ!!

 

妻の飲んでいるマタリのデミタスもかーーなり良かったです。

 

座って飲んでいると次から次へと常連さんが・・・本当に愛されているお店だなぁ~と思います。

 

 

さらに豆の棚に置かれていたひときわ浅そうなエチオピア。

エチオピア レギュラーで!!

 

ほーーーー

浅い!!

浅い!!

嫌な感じの浅煎りではない!!

浅い!!

酸味からふーーーっと甘味に行く!!

浅い!!

酸っぱすぎない!!

 

コーヒーを飲んでいると別のお客さんが、今日のお菓子を頼んでいる。

 

宋さんが冷蔵庫からケーキを取り出して、慎重に切り分けている。

 

それを妻が食い入るように見ている。

ケーキが食べたいのか、仕事ぶりを見たいのか?たぶんその両方なのだろう。

 

コーヒーを飲み終わったので、お店を出た。

 

それにしても今日もワゾーの宋さんはカッコよかった。

 

いつも僕も年をとってもああいう感じで仕事したいなぁ~と思います。

 

 

今日も中杉通りの欅並木が素敵です。

 

緑がいい感じだぜーー

中杉通り

中杉通り

 


駅の近くまで歩いて今度は超有名!!

ブネイコーヒー!!

ブネイコーヒー2019.6.17

ブネイコーヒー2019.6.17

まずはおススメ中煎りのデミタス

 

と言ったら

 

エチオピア デミタス

 

ぽーーーーー

ハッキリしっかり!!

ほろ苦さと酸味が同居していて大変骨太なコーヒー!!

もちろんエチオピアの香りがふわーーんとする。

特徴として苦さと酸味が同居しつつ、甘く香る。

以前ここでデミタスを飲んだ時より明らかに香りの立ち具合は良いなぁ~と感じました。

冷めてくるとさらに良い。

短剣を持ちながら舞う巫女のようなコーヒーだなぁ~と思います。

 

さまざまなコーヒー周辺の話をしながら、噂のすごいポットを少し触らせてもらう。

 

点滴の感じがすごくよく、安定感があるポットだなぁ~と思いました。

 

そしてカッコいい!!

 

 

 

さらに調子に乗って

 

おススメのレギュラーと言ったら

 

マンデリン レギュラー

 

ほほほほーーーー

最初、銘柄言われないで飲んでいて、うっすらグアテマラの中深煎りぐらいかなぁ~

と思ってたところにマンデリンと言われる。外れました(笑)

苦味からの酸の出方がすごく美味しい。

少し飲んでいると熱帯系の香りもある。

 

妻は向かいで、アフォガートを満足そうに楽しんでいる。

 

そうこうしているうちに、時間切れでお店を後にする。

 

ゆっくりブネイコーヒーを楽しめて本当に良かったと思った。

 

また阿佐ヶ谷来たら行こーーー!!

 


最近の定番コーナー

イトーの台所

 

今日はとうとうバジルの季節になりました。

 

イトー園にはバジルとトマトがなってます。

バジル

バジル

トマト

トマト

バジルはそのままジェノベーゼソースにしてパスタに絡めます。

 

トマトはそのまま食べたい(妻 談)なのでそのままに。

 

ソースに絡める僕。

ソースに絡める

ソースに絡める

 

はい!!

かんせーーー

ジェノベーゼ

ジェノベーゼ

 

むっはーーーー

 

バジルの香りさいこーーーー

 

今年もこの季節がやってきた!!

 

ほんと爽やかで美味しいっす。

 

トマトはそのまま。

そのままトマト

そのままトマト

味わいが濃くて美味しい!!

 

いい感じです。

 

あとはアサリのスープで整いました!!(笑)

洋風アサリのスープ

洋風アサリのスープ

チルダウンだぜ!!(使い方 違っ!)

いいぇーい

 

 

今日は意外に歩かなくて8000歩。

 

むはーーーもっと歩きます~

 

明日からも抽出もっと研究するぜ!!!

親コーコーDAY、まつや、近江屋、珈琲屋長月

盛岡珈琲フェスティバル

盛り上がったみたいだぞ!!いえぇーーい!!

 

喫茶いずみでは、豆のみの参加でしたが、主催した機屋の関さんも盛り上がって大変に嬉しそうでした!!

 

いやーー良いですよねぇ~

 

すでにご覧いただいた方も多いとは思いますが、

 

こういう感じの豆で参加させていただきました。

開運橋からの岩手山ブレンド

開運橋からの岩手山ブレンド

珈琲合宿で盛岡へ行くたびに見る光景。

 

盛岡に住んでいる人にはありふれている景色かもしれませんが、

 

それがゆえにいろんな思いがあるのだと思います。

 

そういう背景に少しでも響くといいなぁ~という気持ちでブレンドを創りましたのです。

 

買ってくれた人に何かが響くといいなと思います。

 

個人的には、珈琲屋うずのおそらく、イベント限定ブレンド「糸」もとても気になります。

 

どうも縦の糸と横の糸と・・・の有名なあれからの着想らしいのですが・・・・


 

さてさて、そんな週末が終わり、喫茶いずみの定休日の月曜日は、

親孝行DAY!!!

 

久しぶりです!!

 

このところ神社づいている母を東京大神宮へ連れて行きました。

混雑している東京大神宮

混雑している東京大神宮

雨が降る中でも参拝客がめちゃくちゃ多い!!

 

繁盛しているお店みたいな雰囲気です。

 

有名な神社ですよね~

 

お参りをして大満足。

 

大雨の中は車での移動は快適です。


昼食は神田まつや!!

そば まつや

そば まつや

ここも超有名っす。

 

母は初めてきたのでとても喜んでいました。

 

 

初めて食べる小田巻タマゴなるもの(※要予約)がなかなか良かったです。

 

結構密度の高いタマゴ焼きでがっしりしてました。

 

お味はバランスの取れた何とも具合のいい感じのモノであった。

 

あとはお決まりで焼き鳥!!最高っす!!

 

まつやは焼き鳥最高っす!!

 

そうして天そば・・・これも美味しいです。海老天最高。

まつや そば

まつや そば

熱いつけ汁だとゆずが効いており風味が豊かです。

 

そばももちろんいい感じだ。

 

 

僕はさらにお替わりでかけそば。

かけそば 超絶最高

かけそば 超絶最高

ぶはーーーーー!!

 

超満足です。ありがたいです。

 

母も妻も喜んでるぜ―――!!

 

それから、ちょっと一度は行ってみたい昭和レトロ菓子店のドリンクバー

 

まつやからは近いです。

 

近江屋菓子店

近江屋洋菓子店

近江屋洋菓子店

 

ドリンクバーがフレッシュジュースとスープ、コーヒー紅茶なんかがある。

 

あとは店内の洋菓子やパンもイートインできる感じ。

 

昭和の空間と独特の世界観のドリンクバーに魅了される。

 

ドリンクバーの特徴は、フルーツジュース。甘くない自然な感じだ。

 

新鮮な感じがする。

 

母は苺とメロンを混ぜ合わせていた。

 

そうして野菜たっぷりのスープもとてもグッドだった。

 

あとは、ミルクやココアもある。

 

けっこう手作り感満載なので、下手な喫茶店に入るよりはこういうところで過ごすのがなかなか良い感じがする。

 

菓子もみんなでイートインしましたがそれぞれ美味しい。

 

妻が丸いイチゴのショートケーキを食べていたのに驚く。

 

僕が食べたサヴァランもなかなかいい具合だった。

珈琲ものみました

珈琲ものみました

 

 

おなかがたっぷんたっぷんになったところで、さらに移動です。


グイグイ車で靖国通りを西へ西へ・・・

 

いつの間にか青梅街道に変わり・・・

 

高円寺へ・・・

 

はい!!

珈琲店長月!!

珈琲店長月

珈琲店長月

入っていきなり母が気に入っているようだ。

 

母がよーーーく知っている喫茶いずみとは空間性が違うのだ(笑)

 

素敵な感じ!!と喜んでます(笑)

 

あと茶箪笥に目が留まりいいですよねぇ~と妻と母とで褒めあっている(笑)

 

 

母はおススメのレギュラーを頼むとエチオピアを飯田君が出してくれた。

 

飲んで、苦みがあるけどきつくなくて柔らかい感じ。

 

と的確なコメントで飯田君がちょっとビビっている(笑)

 

さらに2口目からはさらにその苦みが柔らかくなってきていい感じとのコメントを畳みかける。

 

味はそんなにわからないとは言うけど、そうでもないと僕は思った。

 

妻はバリのレギュラーで。

 

武骨な感じとは説明にあるがこちらも柔らかい苦みが全体を支配していていい具合だ。

 

皆のモノを飲み比べて楽しむ。

 

母もコーヒーの味わいの違いを楽しんでいたようだった。

 

僕はお決まりデミタス。

 

スマトラ デミタス!!

 

ほーーーー

完全にマンデリンの土の香りがはっきりしている。

むわぁーーんと滑らかだ!!

前回飲んだデミタスの印象よりカラッといい印象に仕上げているなぁ~と思いました。

くっきりといい具合の強さはありつつカラッとしていていい感じ!!

 

これまた母に飲ますと、お茶のようとのこと。

 

ちょっと真意はわからないが、味わいの方向がきっちりまとまっていて平らになっていて

 

お茶のような(平らな味わい)と言いたいのかなぁ~と感じました。

あとは妻と母が結婚式の写真を見せあいながら、グイグイ飯田君に話しまくる構成でした(笑)

 

母も珈琲店長月、いやっ、店主の飯田君を気に入ったようでとてもよかったです。

 

帰りは車で2時間で船橋まで帰ってきました。

 

うはーーとても楽しかった!!


 

さてさて、あんまりお腹も減っていないので、夜はリゾット。

 

 

昨晩からシャトルシェフ(保温調理なべ)で手羽元を煮ているスープを利用します。

おなじみ手羽元のスープ

おなじみ手羽元のスープ

基本は炒めた米に美味しいスープを足していって、煮るような感じです。

 

 

まず、ニンニクと鷹の爪で香りを出し、そこに米をいれ炒める。

米を炒める

米を炒める

 

で、冷蔵庫にあったトマトを加えつつ、カレー粉やシナモン、クミンを入れてカレー風に。

トマトとカレー粉を加える

トマトとカレー粉を加える

そうしてお玉で2杯分ぐらいづつを加えて、なくなったら足して・・・

 

を繰り返す。

減ったらスープを足す

減ったらスープを足す

だんだん芯がとれたなぁ~というところで完成!!

 

 

あとリゾットでも使った、手羽元のスープにキノコ、もやし、ベビーリーフ(伊藤園製)を入れて完成!!

 

 

ぶはーーー

 

リゾット完璧!!

カレー風リゾット

カレー風リゾット

スープも最高っす!!

手羽元スープ

手羽元スープ

今日は頂き物のクラフトビールで・・・これまた美味しかった。ありがとうございます。

頂き物クラフトビール

頂き物クラフトビール

それとどういうわけだか、羊羹が伊藤家に集結していて・・・

 

頂き物の羊羹盛り合わせです(笑)

ヨーカンぬ盛り合わせ

ヨーカンぬ盛り合わせ

一つは醤油羊羹 素晴らしい!!みたらし団子だ!!

醤油羊羹

醤油羊羹

もう一つは虎屋の珈琲羊羹 素晴らしい!!珈琲と羊羹がうまく融合している。

珈琲羊羹

珈琲羊羹

しばらく羊羹に困りません(笑)

 

こうやって切ると醤油羊羹はからすみにも見える(笑)

大根はさみてぇぇぇーーー

 

大根を挟みたくなる

大根を挟みたくなる

今日は車移動だったので7000歩。少ないっす。

 

来週もコーヒー頑張るぜ!!よーーーーーーーーかん!!!

群馬までプチ遠征!!Coffee House むじか!!

今日はプチ遠征です!!

群馬!!

群馬県 玉村町です!!

 

前橋の少し南、高崎の東、伊勢崎の西。

 

有名な群馬の地名に囲まれたところです。

 

Wikiによると玉村町には143基の古墳が確認されているという。

 

実際に途中で僕も古墳を見かけました。

 

 

なんでそんなところへ行ったのかというと、やっぱりコーヒーです!!

 

 

そのコーヒー屋の名前は「Coffee House むじか」

 

むじかには井上製作所のリードミルが2台もある。

 

さらにブタ釜も置いてあるとのこと。

 

 

 

 

そもそもこの店を知ったのは、喫茶いずみの開業前。

 

正確にいうと、このお店の店主のブログを知っていたのだ。

 

喫茶いずみを開業するにあたって、井上製作所のリードミルが欲しいと考えていた。

 

その時の情報は関口一郎さんの珈琲辛口談義のみ。

 

僕の住んでいる船橋から近所にあるEというお店にも一台置いてあってそれも見に行ったことがある。

残念ながらそのお店は閉店してしまったが・・・

 

いろいろ情報を集める中で、一番詳しくリードミルの性能のことを書いてあったのが、

 

今のむじか店主のブログだった。

 

現在はそのブログはなくなってますが、リードミルで粉砕された粉の様子などが細かく書かれていて、

 

下調べにとてもとても参考になった。

 

ネットの情報もくまなく探すと、なんか“ホンモノ”の手触りがある情報源に行きつくことがある。

 

そういうなんか“ホンモノ”感のある情報でとっても面白かった。

 

 

で、その情報などをもとに井上製作所へいって、リードミルと焙煎機を購入して、今に至るのです。

 

 

 

しばらくたって、あのブログ面白かったなぁ~と思って検索すると見つからない。

 

ところが、「リードミル」というキーワードで探すと、このコーヒーハウスむじかヒットした。

 

あぁ。同じ穴のむじながいるのだなぁ~と思ってページを見ていたら・・・

 

あ!!このリード―ミルの上の純正ではない特注ホッパーは!!!

 

あのマニアなブログのリードミルにもついていたものと同じやつだ!!

 

と、自分のなかでつながったのです。

 

ちなみに、その純正でない特注ホッパーは岐阜の待夢珈琲の今井さんのところのリードミルにも

 

ついていて、以前見せてもらったことがある。

 

 

まぁそうして、喫茶いずみに来るお客様にも群馬だったらここだよぉーと話をして、

 

そうこうしていたら、むじかの店主の熊谷さんがとうとう訪ねてきてくれたりして・・・

 

やっと本日行くことになりました。

 

 

あーー前置き長くてスミマセン。


 

早朝に起きて、いまだに乗ったことのなかった特別急行「りょうもう号」に乗車。

 

知らない電車ってワクワクするよねーと妻とホームで胸を躍らせて待っていると

 

入線してきました。

 

カッコいいい!!

りょうもう号

りょうもう号

 

北千住から群馬県太田まで・・・

 

そこからさらに各駅停車へ・・・

逆に親近感 東武線

逆に親近感 東武線

伊勢崎到着!!

 

 

親切な熊谷さんに駅まで車で迎えに来てもらい、本当に助かる。

はい!!

「Coffee Houseむじか」

むじか2019.6.3

むじか2019.6.3

 

行ったらいきなり、とても貴重なものを見せていただく!!

 

ランブルカップ・・・の試作品。

ランブルカップ試作品

ランブルカップ試作品

すげぇ

こんなの初めて見た!!

柄もちょっとづつ違う。

試作品の数数

試作品の数数

いやぁ興味深いです。

 

 

矢継ぎ早におススメコーヒーを順番にいただく。

 

 

噂の最新型リードミルRG05SEで粉砕している。

 

その後にドライヤーでチャフを飛ばしている。

 

ルワンダ。中煎り

 

ほーーー

酸味系の仕上がりだが飲みやすい。

非常に香ばしく甘く仕上がっていて引っかかるところがない。

 

お次はルワンダ。中深煎り

 

 

おおおおーーー

さっきより少し苦み系に寄ってはいるが酸味も感じつつバランスがとっても良い感覚。

 

 

 

コーヒーを淹れる前にチャフを分離して、チャフにお湯を入れた匂いをかがせてもらう。

 

ぐぐぐーーー

 

何とも言えない、匂いだ。

 

いやぁ勉強になる。

 

チャフを分離するチャフノンという面白い道具も見せてもらいましたが、

 

これまた面白いです。

 

 

 

さらに全然知らないコーヒー

 

ガヨマウンテン Sティピカ

 

むむぅーーー

面白い!!

焙煎の具合に寄るかもしれないが、なんか個性を感じる片鱗が!!

これはバター系のやつだ!!

生豆の仕入値段を聞いて・・・・うーーんですよね~

と納得。

こういうインドネシアの豆もあるのだなぁ~と思いました。

 

さらにアイスコーヒー

 

グアテマラ クプラ ワイニー

 

おーーー

 

完全にナチュラルの香り!!

 

アイスコーヒーにすると熊谷さんの言う通りいい感じだ!!

 

香りがよく飲めるのが良い。

 

 

アイスコーヒー

アイスコーヒー

 

さらに焙煎機も見せていただいた。

 

 

熊谷さんの長年の相棒。

手回し焙煎機!!

富士珈機製 焙煎機

富士珈機製 焙煎機

メッシュを自分で加工しているらしい。

 

またガス台との距離を工夫の為にパンチングのステンレスの板を噛ませてある。

メッシュのステン板

メッシュのステン板

くぅーーーかなりやっている感じです。

 

これにご自身で製作されたいわゆる蓋をかぶせている。

蓋

くぅーーーこういうの見ると嬉しくなっちゃう!!

 

 

駒込のオレンジペコの鬼沢さんもかなり手回しの焙煎機をいじっている人だと思ったが

 

熊谷さんも半端ないです!!

 

 

それからさらに現代の宝。

 

豚ガマ!!

むじかの豚ガマ

むじかの豚ガマ

キレーーー

 

この豚ガマにまつわるいろんな逸話を聞く。

 

素晴らしいです!!

 

 

 

JR線の近くの駅まで送るついでに、昼食場所にも立ち寄っていただき、

 

ほんとおんぶにだっこでありがたかった。

 

大満足な訪問でした。

 

 

夏見台に帰ってきたらいい夕焼けであった。

 

夏見台の夕焼け

夏見台の夕焼け

夕食はサッポロ一番味噌ラーメン

 

ニンニク、ショウガ、ネギ、鷹の爪を炒めて、豚バラともやしを合わせる。

香り出し

香り出し

 

できあがりーーーー

サッポロ一番

サッポロ一番

 

今日は全く歩かないで、8300歩

 

ちょっとチャフを吹っ飛ばす効果について暇な時間研究してみよーー

赤ワインのいただき物から、船橋ゆる散歩&宮越屋、草枕

今日の休日は結婚式のお祝いでいただいた、ワインから始まります!!

 

出でよ!!頂き物 イタリアワイン!!

ありがとうオーブン屋さん!!

頂き物イタリアワイン!!

頂き物イタリアワイン!!

 

ワインは空けたらなるべく早めに飲むのが良いので、飲めない分を

お料理に使います。

 

朝起きて、仕込み!!

 

玉ねぎ、にんじん、トマトをカット。

 

赤ワインに合うような、油の入ったお肉を一口大にカット。

 

きつめに塩こしょうして・・・・

さくさく切りました

さくさく切りました

 

まず焼きます。

たっぷりの油で豚を焼く

たっぷりの油で豚を焼く

同時に赤ワインのアルコールを別鍋で飛ばします。

ワインを煮きる

ワインを煮きる

そしてバットにとって・・・・

 

玉ねぎ、にんじん、を炒める。

 

いい感じのところで、

 

トマト&強力粉。

 

本に載っている通り、トマトの水分のある感じのところに強力粉をまぶして炒めると

 

いい具合でだまになりづらい。

 

どろどろ、いっしゅんもんじゃ焼きの様相を帯びて、まとまって火が入ったら終了。

 

 

ここで、さっきの赤ワイン。

 

火を通したお肉を入れる。

 

以前カレーを仕込んだ時に余った、だしを一緒に加える。

(ものの本にはフォンドボーを入れるとあるが、動物の綺麗な出汁ならOKでしょうのきっと)

 

 

 

妻には内緒だが、これを入れて煮始めて時に、あまりのラーメンっぽいにおいに結構ビビる。

 

確かこれは、カレーとラーメンの兼用出汁なんで当たり前なのだが、あまりの

 

かつお節と鶏ガラの匂いがすごい(笑)

 

やべぇ。ラーメンになっちまう。

 

と思ったが、赤ワインの力は絶大で、一時間もお肉と煮込んでいると、とても素晴らしい

 

まとまった味わいになる。仕上げはかえって来てからだなぁ~

それっぽくなってくる(笑

それっぽくなってくる(笑


そうしてお出かけです。

 

しばらくぶりにゆっくりした気分で船橋駅をブラブラ写真を撮る。

 

 

船橋北口の柱群。

船橋東武の地上通路

船橋東武の地上通路

いったいなぜこのようなものに自分が魅かれて写真を撮りたくなるのかは謎なのだが、

 

写真に収めたかったので写真した。

 

 

さらに別の視点から・・・

なんてことない光景

なんてことない光景

撮影していると結構知り合いが通る。

 

コーヒー好きのS君。これから学校らしい。

 

また別の近所の人。

 

さらにさらに常連のお爺さん。

 

またまた、これまた常連のローラKちゃん。相変わらず元気だ!!

 

 

まぁ船橋北口は、夏見台の人からしてみれば玄関口のようなものだもんなぁ・・・

船橋東武の柱

船橋東武の柱

 

さらに妻と待ち合わせまで時間があったのでまた謎の写真を撮ってしまう。

 

マクドナルドの脇の小道。

何に魅かれて写真したのかは自分でもわからないが撮影しました(笑)

マクドナルド脇の道

マクドナルド脇の道

 

 


 

そうして、今日は妻がまえまえから行きたい行きたいと言っていた、「そ。」(そまる とよぶ)さんへ。

 

船橋の本局の郵便局のすぐそばにある。

 

その途中で猫だまりで、猫を楽しむ。

警戒している猫ちゃん。

ねこーーん

ねこーーん

くつろぎ中すまないっす。

 

 

にゃーにゃー話しかける猫ちゃん。

タイヤの陰からしきりに話しかけてくる

タイヤの陰からしきりに話しかけてくる

 

到着!!

そ。!!

 

そ。

そ。

 

ここの店主の添田さんとは実は誕生日が同じ仲間!!

 

嬉しいです。

 

初めてであったのは今でも覚えてます。

 

今はなき船橋西武の駐輪場。

 

たしか、記憶があやしいけど、船橋ボンバイエというイベントに添田さんが出店していて

その準備に来ていた添田さんにたまたま遭遇したのだった。

 

その後、いずみにも来ていただいたりで・・・なかなかうかがえなかったのですが、

 

妻のそ。へ行きたい圧力が日に日に増しており、今回の訪問になりました。

 

入ったら添田さん超絶元気です(笑)

 

嬉しい(笑)

 

こまつなう というイベント中のようで今日の日替わりメニューは小松菜にちなんだ

 

小松菜ミルフィーユカツがあった。

 

それを妻と食べる。

 

料理を待つ間、なんだか添田さんに褒められるのでグネグネ嬉しい思いをする。

 

ちょっと暑いので、みそ汁は少し濃いめとのこと。

 

そういう感じがすげえです。

 

 

小松菜ミルフィーユカツ 美味しかったです!!

 

塩とレモンで食べるとさっぱり美味しい!!

 

レモン汁スプレーが衝撃的すぎる(笑)

 

レモン汁をスプレー!!いやぁ~素晴らしい!!合理的!!

 

いやぁレモン汁スプレー衝撃的すぎる!!

 

レモンのくし切りも添えてあるけど、レモン汁スプレー(笑)

 

その後おススメの通り、甘口のソースや辛口のソースで楽しんだ。

 

フライだけどくどくなくて大変良かったです!!

 

お味噌汁も美味しかったよぉ~

 

大満足でお店を後にして、コーヒーを飲みに行きました。

ありがとうございます!!


 

新橋まで移動して・・・

宮越屋 新橋店!!

宮越屋2019.5.27

宮越屋2019.5.27

 

いっつもランブルと近いのでスルーしてしまうのだが、今日は宮越屋!!

 

宮越屋はご存知の人は多いでしょうが、北海道に本店を持つお店。

 

何店舗もあるけど、侮ってはいけない!!

 

コーヒー詳しい人も、そうでない人も楽しめるお店。

 

 

初めて行ったのは、しめぎモカという豆が置いてあって、それを目的で行ったときだった。

 

もちろんしめぎモカとは吉祥寺の標さんにちなんだモカで、エチオピアの特別なモカハラーを

 

そういう風に読んでいるものだった。

 

現在はそれは飲めないが、そういう感じでコーヒーもしっかりなのだ。

http://blog.kissa-izumi.com/?p=828(2013年の記事参照)

 

 

最近、手網焙煎を通して、北海道のコーヒーを意識することがあるので飲んでみたいなぁ~

 

と思ったのとGSMさんいるかなぁ~と・・・

 

 

今日は、ブラジル デミタス!!

 

むぉーーーー

パンチのある苦味からの酸味。パンチがはっきり系!!

でも特徴的だ!!

冷めてくるとはっきりわかるのだが、これは完全に赤えんどう豆系の酸味。

赤飯の、小豆の味わいにも似ている。ああいう感覚が酸味に伴って現れる。

うぉぉぉーーー

こういう酸味ってブラジルででるよなぁ~と思う。

記憶の比較なんで、ほとんど参考程度に思ってほしいが、柏のストリームヴァレーの

ブラジルにもこういう感覚がある。

いったいどういう焙煎をするとこういう感覚になるのかわからないが、

とにかく特徴的な酸味を感じる。

 

デミタス抽出なんで、よりそういう感じを感じやすい。

こういう、はっきりとした味わいが自分の引き出しにはないので勉強になった。

 

 

妻が頼んでいたコスタリカのデミタスも結構好印象。

 

苦味から甘味へ着地していく。

 

コスタリカは更に好印象。

 

どうしてもコスタリカだと、今風のスペシャリティーの感覚で酸味や風味を大切に創っているお店

 

が多いが、こういう武骨な味わいはカッコいいなと思った。

 

こんどコスタリカを焙煎するときの参考にしようと思った。

 

 

宮越屋のおなじみチーズトーストもツイツイ食べてしまう。

 

ハッキリしている味わいで美味しい!!

 

バターを塗って、チーズ、塩こしょう。

 

コーヒーと同じような背骨がはっきりしている味わいだ!!

 

うめぇーーーー

 

 

 

GSMさんには会えませんでしたが、今日も宮越屋最高だった!!

 


それから、今日はテクテク歩いて、

草枕!!

草枕2019.5.27

草枕2019.5.27

今日みたいな暑い日は、店内の薄暗さでより涼しく感じる。

 

いい具合です。

 

デミタス!!

 

ほぉぉぉぉーーー

苦味の感覚からすーーーっと酸味が陽炎のようにいる!!

そこからいつもの柔らかい感じで抜けていく。

余韻がすばらしいのだ。

すーーーーっと甘味から消えそうで消えない感じで全く嫌味がない。

で、今日飲んで思ったのは、

おぉっ!!

いつもより苦い!!けど、先日の山陽堂で行われた限定大坊珈琲店で飲んだ大坊さんの4番

の苦味と酸味のバランス感に近いのだ!!

ここら辺の共通感が大坊さんと相吉さんが季節による変化が似ているものなのか、

たまたまの偶然なのかはわからないけど、

それぞれ甘――い感じを主体としている深煎りの人がこの同じような季節に焙煎された

ものを飲んだ時にこういう風に変化している共通の何かがあるのかもなぁ~と思った。

 

 

 

いろんな共通の話題で盛り上がる。

 

同時に最近相吉さんが買った器の話で盛り上がる。

 

 

もう一杯デミタス!!

 

おんなじコーヒー!!

やっぱり印象おんなじ!!

苦いけど酸味を引き連れて、余韻はふぅーーーーっと甘くいい具合。

関さんが先日の大坊さんの4番を飲んで酸味があったという言葉を思い出すような

感じが相吉さんのデミタスにも感じられた。

うーーーー面白い!!

 

今日は先を急ぐでもないので思う存分に草枕を楽しみました。


 

 

 

はい。

 

そうして、赤ワイン煮込みの仕上げ!!

 

煮込んだものに、さらに最後の風味付けで赤ワインを加える。

 

赤ワインを煮詰めると独特の艶がある状態になる。

ミロワ状の赤ワイン

ミロワ状の赤ワイン

これをミロワ状といい、この状態のモノを最後に加えるそうなので、

 

これを煮込んだ肉に入れる。

 

かんせーーー

 

味見したらもう、最高!!

いい具合の味わい

いい具合の味わい

頂き物の器で、これまた頂き物の赤ワインを贅沢に使った料理を食べる。

 

お祝いでいただいたカタログギフトでもらった器のセット!!

 

料理が美味しそうだぜ!!!

今日の夕食

今日の夕食

あとはこれまた頂き物のカップでアサリのスープ!!

アサリのスープ

アサリのスープ

豚肉の赤ワイン煮込みは最高の仕上がりであった。

赤ワイン煮

赤ワイン煮

今日の夕食は頂き物で豊かになりました。

 

皆さん本当にありがとうございます!!

 

 

今日は12000歩。

 

まぁまぁな歩数!!

 

明日からもコーヒー頑張るぜ!!!

うらーーーーーーーーーーーーーー!!!!

ゆーーくりな休日。船橋&市川 (スプラウト、ラダー、飄々)

今回の休日は先日の結婚式でアゲアゲだったので、わりとゆっくり目に過ごしました。

まずは、夕食に向けて仕込みを開始です。

水炊きの仕込み

水炊きの仕込み

ヨークマートで100g58円の手羽元。

 

これを使っていつもの水炊き。

 

手羽元のいいところは出汁をとりつつ肉も食べられるというところ。

 

4時間ぐらい煮込むと肉の味はなくなってくるのですが、お家ご飯なのでそれは気にしない。

 

今回気を付けた点はボコボコ沸騰させすぎないように、けれども高温を保つ。

 

そうすると狙い通りの綺麗な金色の鶏油が浮かんだスープになった。

 

塩で味を調えただけで大変良いスープになる。香りもよい。

 

あまり変に煮立たせて乳化させないほうが香りのあるハリのいいスープに仕上がると思った。

 

最初の緑のネギがこういう風に、茶色くなってくる。

仕込みが終わったので、朝のお散歩。


 

緑を眺めながらブラブラ。

夏見緑地

夏見緑地

近所の運動公園まで往復30分ぐらいの軽めの散歩。

緑がキレ―ですねーーー

運動公園 サッカー場

運動公園 サッカー場

 

前も書いたかもしれないが、中学校の写生の時間があって、

 

ほかの皆は仲良しグループで固まって、絵をかいていたのだけど、

 

そういうのがあまり得意ではなかったので、一人の場所をさがして中学校の裏門の

 

誰も来ない場所から、緑が見える場所を選んで絵をかいた。

 

書き始めは5月の頃だったと思った。

 

毎週毎週、同じ場所から絵を描いていると、見ている景色でも少しづつ変化があったり、

 

同じ木でも全然緑の色合いが違っていたりしていて、美術の写生の時間がかなり楽しみだった。

 

そういう感じを今日の散歩で思い出した。

 

良いですよねぇ~新緑の季節。

 

むせそうな感じの新緑の騒めきが何ともいい具合だった。

坂の途中

坂の途中


 

それからいつものコーヒー散歩です。

 

近場で船橋&市川。

 

まぁだいたい皆さんコースがわかると思います・・・

 

まずは船橋のコーヒースタンド

 

スプラウト!!

 

きょうは山ちゃんの当番。

山ちゃんの自転車のハブ

山ちゃんの自転車のハブ

常連のお客さん達が親しそうに集まっておりいい感じだ。

 

エチオピアでエスプレッソ!!

 

 

ほほほほーーー

苦味からの軽やかに酸からナチュラル エチオピアモカの香り。

どっちかというと、ビターチョコの香りがあるような感じの味わい。

エスプレッソなので、軽くはないが飲みやすい。

ちゃんと良い焙煎しているのだなぁ~という感覚。

味わいはかなりキレ―な感覚だ。

一緒にプチジブラルタルももらいましたがいい感じに調和していて甘い感覚だった。

 

 

妻が飲んでいたコスタリカのハンドドリップももらいましたが、こちらも結構よかったです。

 

酸味から香ばしい栗みたいな感じになっており、

 

もう少し深いと、単調だけど、酸味からの甘味&香ばしさなので味わいが立体的であった。

 

 

常連のお客さん達が帰っていくときに「お邪魔しました~」っていうのがなかなか面白い風習であった。

スプラウトコーヒー

スプラウトコーヒー

 


それからお次は駅ナカスタンド!!

 

ラダーコーヒー!!

 

エルサルバドルでエスプレッソ!!

 

福ちゃんのセレクト!!

ぽーーーーー

密度が高くきっちり創られている!!

もちろん力強い酸味から味わいが展開していく。

チョコのような感じにうっすら何かワインの印象。

これがエルサルバドルかどうかはわからないけど、

酸味から盛り上がって収束していく形は開店当初から変わらないのですっごいなぁ~と思う。

ふわわぁあぁぁぁーーーってもりあがり収束。って印象。

エグイような酸味ではないところが好印象であった。

 

 

 

飲み終わった後のエスプレッソの飲み後がちょっと曜変天目っぽい(笑)

コーヒー曜変天目茶碗(笑)

コーヒー曜変天目茶碗(笑)


それから電車に乗っていつもの、市川といえば!!

珈琲飄々!!

 

おススメのコーヒーをデミタスで!!

 

コロンビア

 

ほーーーーーー

苦味からの甘味!!!

ほっとんど酸味が押し込められている!!

滑らかな感覚。

苦いけどきつくない。

斎藤さんのコーヒーの質感もいい意味で開店当初からの印象を裏切らない。

産地の印象というよりも、それぞれの産地のコーヒーにおける

「苦み」「甘味」という味わいの表現とでもいうのでしょうか?

このコロンビアってやっぱり結構、レーザービームのような印象。

色調のような幅は狭いが、そのもの全体の強度強く密度が高いような印象を受ける。

コロンビアって面白いです。

飄々 デミタス

飄々 デミタス

 

妻が先日の結婚式の様子などを嬉しそうに話していてよかったなぁ~と思う。

 

あとは先日発売された大坊さんの本「大坊珈琲店のマニュアル」についての会話。

 

近況報告。

 

 

さらにお次は

 

グアテマラ デミタス!!

 

おっ!!こっちはややカラットしていてほんわか!!

コロンビアの束ねられた密度のある味わいよりはなだらかな山が広がっているような

甘味がそこにはある。

深煎りでは産地特性が出ないと考える人もいるが、やはり深煎りは深煎りで

それぞれの産地に応じての味覚の違いはあると僕は感じる。

現にさっきのコロンビアとグアテマラは全く違う。

もちろん「苦み」「甘味」の世界観だが・・・

この飄々の斎藤さんが焙煎したグアテマラを例にとるなら、ワゾーのグアテマラ アンティグアは

やっぱり苦みの中にいーーーー酸味が効いているし(そこにグアテマラを感じる)、

コジロウさんのグアテマラなんかはもっとキリリとして苦みと甘味。甘味の質がもっとサツマイモ

な感覚で、やはり苦みの世界でもそれが様々な感じだ。

 

 

なんか飲んでいるところを写真に撮ってもらいましたが、なんだかお酒を飲んでいるかのよう(笑)

珈琲を飲んでいる風な感じに見えない(笑)

珈琲を飲んでいる風な感じに見えない(笑)

 

いやーーーかなりゆっくりさせてもらって幸せでした。

 


 

そうしてお家に戻って、水炊きの仕上げ!!

 

 

キレーーーな金色に仕上がっている!!

鍋に仕立てる前のスープ

鍋に仕立てる前のスープ

これにキャベツ、キノコ、もやしを加えてかんせーーー

 

水炊きかんせー!!

水炊きかんせー!!

 

キャベツが出汁をすっていて、無茶苦茶美味しかったです!!

 

 

今日は11000歩。

 

まぁまぁ歩きました。

 

だんだん平常運転に戻ってきました!!

次の時代のコーヒー創るためにまた明日からも頑張ります!!

20連投後の休日!!!羊羹からはじまった連休。

久しぶりのブログ更新になりました!!

なぜならば喫茶いずみを休まず営業していたからです!!!

 

怒涛のGW10連休をやすやすと乗り越えてなんと20連投!!!!

 

自分でもやればできると思いましたが、やはり食事や家のことをやってくれる妻もいて

 

のことだと思います。

 

無事に20連投を乗り越えての連休は・・・・

 

 

 

 

羊羹で始まりました。

虎屋の羊羹 いっぱい

虎屋の羊羹 いっぱい

「羊羹 密度」のワードでインターネットで調べてみると、

 

あるサイトには1㎤あたり1.5gで一番密度が高いとのこと。

 

重いです羊羹って!!

 

うちの妻が羊羹が重い!!って言っていたのがよくわかる。

 

1棹だと大したことないのだろうが、今回は何棹も持ったので重たさがすごい!!

 

羊羹は重い食べ物です!!重量的に(笑)

 

 

 

羊羹をなんでもっていたのかは・・・

結婚式の為の引き出物を運搬していたからなんです。

 

僕たちコーヒー夫婦は籍は入れていたのですが、なかなか式をあげておらず・・・

 

今回の20連投を乗り切っての式でした。

 

近所の船橋大神宮で式を挙げてきました。

手作りでうまく式が行えて大変良かったです!!

船橋大神宮にて

船橋大神宮にて

 

それから新婚旅行はコーヒー新婚旅行です!!

 

 

東京駅のホテルに宿をとって、の・・・

 

ランブル!!!

カフェ・ド・ランブル!!

ランブル2019.5.13

ランブル2019.5.13

コーヒー夫婦は決めてました。

 

新婚旅行はランブルだと!!

 

月曜日の夕暮れ時に行くランブルは初めてなのでとても新鮮です!!

 

いつもは帰りを気にしなくてはいけないのですが、今日はぜんぜんきになりません!!

 

 

行ったら初めて!!

 

中西抽出!!

 

スマトラ 09 デミタス!!

 

ぷわぁーーーーー

明るめの酸味から仄かに枯草だとか、インドネシアの感じも入り混じっている。

老獪で意味わかんないよ~って感じではなく乗ってきたなぁ~っていう感じのオールド。

やや酸味からの甘味に着地していく感覚。

いやぁーー美味しいです!!

 

 

それから林さんが休憩から戻ってきて、

 

林抽出でケニア!!デミタス!!

 

ぴいーーーーーーーーー

酸味!!

ハッキリくっきり。

酸味の強い勢いの中に、チラチラと見えるようなオリーブ油のようなコク。

酸味がはっきりしているのでそのほかの世界が見にくいが、ケニアと言われてケニアらしいものは

残っていると僕は思う。

 

 

一時期デミタスでも軽めの液体が出てはいたが、今は全くそのようなことは感じない。

 

ああいう質感がランブルだよなぁ~と思いました。

 

ありがとうランブル!!ランブル最高!!

 


 

東京駅に宿をとっているので、帰りは楽ちんです。

 

船橋からわずか30分の新婚旅行(笑)

 

 

これは、ホテルにあった東京駅の瓦屋根のスレート。

スレート(粘板岩)

スレート(粘板岩)

スレートとは粘板岩のことで、

 

東京駅の屋根を見ると黒い感じに見えると思う。

 

その黒い部分のことだ。いいものを見た。

 

 

あと非常に奇妙に思ったのは浴槽の水が水色に見えること

 

不思議だ。

うっすら青い光の浴槽

うっすら青い光の浴槽

妻は浴槽では光の加減でそうなることがあるのよ・・・というのだけど、

 

何とも不思議だ。

 

青いのだ。

光の回折現象か何なのかわからないが、原子力発電所の燃料プールの青さみたく青い。

 

チェレンコフ光だ。

 

 

この宿ならではの東京駅の閉まる瞬間!!

 

シャッターが閉まるのを内側から眺められるのだ。

 

東京駅のシャッターが1時15分過ぎぐらいに閉まるのを確認して床に就いた。

 

大満足!!

 


 

翌日はゆっくり朝起きて、朝食のバイキングをたっぷり2食分ぐらい食べてから、

 

大坊珈琲!!@山陽堂

山陽堂

山陽堂

これはタイミングよく、ここで大坊珈琲をやることを知り、さらに自分たちが行くことができるという

 

運の良さ。

 

最高です!!

 

ここでは、式に来てくれたコーヒー屋の尊敬する面々も一緒でとても嬉しい!!!

 

2時間近く会場に座って待っていたが珈琲談義をしてあっという間であった。

4番 25g50cc

 

ふーーーー

今日のものははっきり苦い感覚がある。

揮発感よりは、苦みからすぅーーーーーーっと現れる甘味。

すぅーーーーーーーーっと歌舞伎の蜘蛛の糸のような感覚で広がってくる。

今日とっても良かったのは、窓が開いていたこと。

表参道の喧騒が聞こえつつの大坊珈琲。

たまに大坊珈琲店では窓が開いていてそこから外の音が聞こえていた。

その感じを思い出させるような印象。

あの時飲んだ味わいとは違うが、そんなことを思い出させる力がありました。

いろんな苦いコーヒーがあるけど、苦みの印象が鋭いとかいうことではなく

研ぎ澄まされているなぁ~と感じさせる今日の1杯であった。

大坊珈琲 整理券

大坊珈琲 整理券


それからみんなと別れて新婚旅行の続き。

 

いつもの三田のあの店へ・・・・

 

今日はおススメの飲み比べで。

 

エチオピア ゲイシャと普通のアラビカのエチオピア

 

ゲイシャとても美味しかったです。

 

この人がこんな感じで焙煎するのか?!と新鮮な驚きがある。

 

普通のエチオピアはやはり金の色を感じる。

 

美味しいです!!

 

苦味の中にしっかり香りを内包していてほんと美味しい。

 

ゲシャゲイシャもほんとその通りって感じでとても美味しい。

 

 

妻が式の様子などを写真を見せて報告している。

 

白無垢についての話を興味深く聞きました。

 

お土産にほんのちょっぴり、ゲイシャを頂きました。

 

いつも本当にありがとうございます!!

少しだけお土産にゲイシャを頂く

少しだけお土産にゲイシャを頂く

最後は銀座ライオンでいつものように関さんとコーヒー談義して無事に今日の行程を終えました。

 

とても良い2連休でした。

また明日からも美味しいコーヒー創るぜ!!!

 

13日10000歩

 

14日12000歩

 

それぞれまぁまぁ歩きました!!!

 

いいぇぇーーーーーーーーーい!!!!

カファ ブンナと十一房珈琲店

すっかり暖かくというか、

 

昼間はちょっと初夏の感じすらあるカントー地方。

暑いときも、寒い時も、どんな時もコーヒー コーヒー。

皆さんもコーヒーしてますか?

 

今日は六本木まで行ってきました。

カファブンナ

 

キアヌリーブスが来た担々麺のお店のすぐ近くにあります。

 

 

いい感じの看板に誘われます。

ブンナ 入口看板

ブンナ 入口看板

 

なんだか親近感のあるような看板。

字体に昭和を感じる

字体に昭和を感じる

いやぁいい感じの喫茶店です。

マンションの2階にあります

マンションの2階にあります

なんかストレートコーヒーを選択しようとしたのだが、

 

「いまサービスタイム!!ブレンド カフェオレがおすすめだよ!!」と来るので

 

おとなしくブレンドにする。

 

妻はメニューにあったハラーかマタリ飲みたいなぁ~と言っていたが、

 

やはりマスターに押し切られてブレンドに。

 

ほひーーー

 

内心、ここは確かブレンドはまとめて淹れてあって、それを温めて提供するから

 

やっぱり一杯点てがいいからストレート飲みたいなぁ~と思ってましたが、

 

マスターの感じではサービスタイムはブレンドを飲むのが無難らしい。

 

 

提供されたブレンド。

 

一口飲んで

 

おおっ!

 

美味しい。

 

わずかにロブの懐かしい香りがする。(悪い意味ではなく)

 

苦味でほろ苦くふーーーっと収束していく。

 

まろやかだ。

 

マスターが経済やら政治やらの話を熱心に年配の女性客としている。

 

うーー面白い!!

 

きっと1972年からこんな感じなのだろう。

 

さっきまでふらついていた六本木ヒルズのゴージャス&人混みの感じをすっかり忘れさせる

 

エアーポケットだ。

 

岩手のUさんが若かりし頃にクラッシック音楽のうんちくを聞かされて、コーヒーを飲んで帰った。

 

と言っていたが、なんかわかるわぁ~と思いました。

 

喫茶店の雰囲気を思う存分に楽しみました。


 

それから移動して銀座。

十一房珈琲店(ベシェ)(※銀座一丁目にある店舗)

ベシェ2019.4.22

ベシェ2019.4.22

 

 

最近、僕の周辺で十一房珈琲店が熱いのです!!

 

喫茶いずみに来るコーヒー大好きな人たちが同じ方向を指し示しているのです。

 

それが十一房。

 

初代の焙煎する人がランブル出身だったこともあり、ランブルの流れの一つをここで見ることができます。

 

1978年に創業したそうなので、その頃のランブルのやり方が色濃く継承されているのでしょう。

どちらかというとラインナップは、一般的に皆さんが思い浮かべる深煎りのような味わいのコーヒーが多い。

 

 

 

深煎りが多い阿佐ヶ谷のワゾーさんは1985年創業だったような気がします。

(怪しいです。間違えていたらすみません)

 

まぁこれも深煎りと言ったらランブル。という時代の感覚が色濃く残っているのだろうと思います。

 

いま平成が終わろうとしている時代で、深煎りといったら大坊勝次氏になるのかなぁ~

 

面白いです。時代の移り変わり。

 

あ、いつものように話がそれましたが、十一房。

 

 

この十一房ではなくなったら終わる感じで、一種類だけオールドコーヒーがリストアップされています。

 

今回そのオールドコーヒーにリストアップされているのが、コスタリカ78‘(2019.4.22現在)

 

それを聞いたら行くしかないです。

 

 

早速!!

 

コスタリカ78’デミタス

 

ぶはーーーー

無茶苦茶いい!!

完全オールド!!

日本人なら知っている新鮮な畳にあるイグサの香りがすごーーーく落ち着いた感じ。

といったら想像つくでしょうか?

ああいう乾燥させた植物のいい匂いがあります。

うっすら革製品にあるようないい匂いも感じる。

いやーー無茶苦茶いい!!

表現的には深煎りではあるが、完全に香ってくる。

うめぇぜ。

78’

最高です!!

 

僕たちが大好きな「うみ」のミネラル系までは行ってないが、かなりいい感じのオールド。

記憶に残ります。

 

 

 

あまりにもよかったので、もう一杯注文。

 

コロンビア ピンクブルボン デミタス

 

おおおおーーー

みごとに酸味に寄せてある。

ピンクという色がわかる感じ。

美味しいです!!

美味しいなぁ~と素直に思います。

酸味からほんのり苦みに着地するのですけど、全体を支配しているのは

柔らかい感じの酸。

トマトでも桃でも梅でもなく、普通のブドウ。

濃くない普通のブドウ。ああいう感じの酸がふーーっと霧のように広がってくる感じ。

いやぁ美味しい!!

いいです。最高です。

最近コーヒーラヴァー受けがいい十一房。僕もすごくよかったです!!

 

 

あとお決まりイトー家の夜ご飯。

 

今日は先日いただいた、かんぼし(寒干し大根)

 

一晩水につけて戻して煮るとスポンジみたくなるよ。と教えられたので、豚の塊肉と一緒に煮込みました。

 

見事にスポンジ状の組織が美味しい豚の出汁をすっていて最高この上ないっす。

左の大根がその「かんぼし」

左の大根がその「かんぼし」

岩手のUさんありがとうです!!

 

知らない食材面白いです。

 

それとアサリシーズンなんでアサリのお澄まし。

アサリのすまし汁

アサリのすまし汁

あんまり火を入れすぎないようにしつつ、醤油、塩、酒、みりんで味付け。

 

イメージ通りの味わいでもう最高だった。

 

それにしても78最高でした!!心に残るコーヒーだったぜ!!

 

喫茶いずみは5月12日までぶっ通し営業!!

 

4月23日(火)~5月12日(日)まで休みません!!

 

5月13日(月)、5月14日(火)連休します。

ブログ更新は5月14日(火)予定です。

 

20連投。一生懸命コーヒー創って待ってるぜ!!!

お肉でぎゅうぎゅう、食後でコジロウ、しげちゃん行ってタピオカした日

今日はまずは早めに出発して、ほぼほぼ開店と同時にレストラン カタヤマ!!

噂の駄敏丁カットされたステーキを楽しみに行く。

 

場所は墨田区の白髭橋の近く。

 

 

遠目に店を見て開店直後だというのに、人が割と群がっている印象。

 

気持ちがはやります。

カタヤマ2019.4.15

カタヤマ2019.4.15

今日は奮発してステーキを食べました。

 

もう。もう。美味しいです!!

 

滑らかな感じだった!!かみしめるごとに味わいが。あの牛ぅぅーーーっとした感じ。

 

とにかくもうもう。ぎゅうぎゅう。でした。

 

妻もぎゅうぎゅう喜んでいる。

 

あぁよかった。

 

 

それにしても、よくこのすぐそばの巨大なビルに仕事で来ていたことがあるのに全然知らなかったです。

仕事でよく来てました。

仕事でよく来てました。

 

それから散歩しながら腹ごなし。

 

すぐ近くに向島百花園があります。

 

それほど広くはない園内ですがその名のとおりいろんなお花が植わっている様子です。

 

葉桜になりつつある桜。

葉桜になりつつ桜

葉桜になりつつ桜

八重桜!!

八重桜

八重桜

新緑が綺麗だ!!

みどりもキレ―です

みどりもキレ―です

こういうの見ると心が洗われますぅぅーーーー

 

百花園 よかった

百花園 よかった

いい感じだった百花園。


それからテクテクテクテク。

 

今日はスカイツリーが近くに見えます。

結構近い スカイツリー

結構近い スカイツリー

ウ〇チビルと黄色いテントのコラボレーション。

黄色いコラボ

黄色いコラボ

素晴らしい。日光を浴びて輝いている。どっちも。


 

 

到着したのは・・・

 

カフェ スタイル コジロウ!!

 

コジロウ2019.4.15

コジロウ2019.4.15

まずは、イエメンモカ 深煎り デミタス

 

 

うーーーーー

やっぱりすげぇ!!

期待通りの感覚!!

無茶苦茶いい!!

今日のものは多少寝ている(熟成している)のかな~と思わせる感覚。

日のあたる本棚に置いたある辞書の紙のふんわりとした感じの香りを思わせる。

深いのに深くない感じからの香りがほわわわーーーと展開してくる!!

強すぎなく柔らかく変化してくるあたりがうーーーーん。いいわぁ~と感じさせる。

なんか中国の古い白磁の壺の生地を思わせる世界観があるなぁ~と思います。

 

 

妻の飲んでるアイスコーヒーも甘くておいしい!!

 

 

 

 

そしてお次はスマトラオールド デミタス

 

ぶわーーー

これはもう。

酸味からマンデリンの熱帯感&オールド感が怒涛にやってくる印象!!

どわわわーーーという感じ。

それこそ隅田川の花火!!

色は暖色系!!

形は丸いやつ!!

最後にフワっと甘い。黒糖系だ。

どわわわーーー。パラパラパラ。

ふわっ!!

酸味からがーーーーーって上がって展開。で余韻に入っていく。

やっぱりすごい!!

 

 

妻の飲んでいるコロンビア オールド02ももらったがこちらは後口の甘味の余韻がキョウレツ!!

 

妻の言葉では麩菓子を食べている印象というがそんな感じだ。

 

いやぁコーヒーって摩訶不思議なのみもんです!!

 


 

それから、またテクテクテクテク。

 

スカイツリーの真下を通ります。

スカイツリー

スカイツリー

本当に巨大で驚きます。

 

 

めざすは・・・

 

しげの珈琲工房

しげの珈琲

しげの珈琲

船橋珈琲フェスティバルに来てくださったり、喫茶いずみにも来てくれたので、

 

そのお礼もありで訪ねました。

 

店内は結構狭いのですが、それは僕の好きな感じです。

 

飲んだのはブラジル晩秋樹上完熟 ハイローストです。

 

酸味から香ばしくなって甘く終わる。

 

美味しい感じのコーヒ―。

 

店主の峰岸さんの優しいトークに癒されました。

 


 

 

さらに船橋に戻って話題スポット。

 

シャポーにできたタピオカ屋

タピオカ

タピオカ

おいしかったよーーん

 

意外にタピオカがのどに詰まる????

 

台湾で飲んで以来なので15年以上前だ。

 

おいしかったよーん。

 

 

あぁ楽しい一日だった!!

 

今日はまぁまぁ歩いて15000歩!!

 

すごいオールドコーヒーを創りだせるように頑張るぜ!!!!