船橋市場と柏をブラブラって車で・・・

今日は早起きして船橋市場へ遊びに行きました。

 

まずはシモジマさんで包装資材を仕入れます。

 

喫茶いずみの豆の透明な袋はここのスィートパックを利用しています。

 

 

それから市場カフェへ・・・

 

っていくと時間が早かったせいもあり、まだシャッターが閉まっていた。

 

と思ったら、向こうからココのオーナーのmyフナバシの山崎編集長がやってくる。

 

最近アーティストを呼んで塗り替えたばかりのシャッターを前に立ち話。

 

継続できる資本主義の話しや、ハンバーガーの話を聞いた。

 

タイミングよく山崎編集長と話ができてうれしかった。

 

 

そうして、今日の大きな目的は市場の中のおそば屋さん。

 

玉芳

船橋市場 玉芳

船橋市場 玉芳

目的はここのカレーライス。

 

そば屋のカレーライスだ!!

 

うめぇーーー!!

 

ドロッとしている!!

 

一口食べるとドロリとしていて美味しい。

 

ドロリとしつつ、後口にそばつゆ感が残ってうまい!!

 

そば屋の濃いめのカレーだな!!と感じた。

 

肉もやや存在感がある。

 

キットこの玉芳のカレーは冷たくすると固まりそうな感じすらある。

 

ドロッとしていてうめぇ!!

 

味わいはもうほんと日本風のカレーライスって感じ。

 

それがドロリと濃くていい感じ。そうしてそばつゆ感がする。

 

実際、食後のゲップはそばつゆを感じる。

 

あぁそば屋のカレーだったな。と感じるのだ。

 

また付け合わせのみそ汁も、僕が飲んだものはちょっとしょっから目でこのカレーと合っている。

 

 

妻が食べていた狐そばももらったが、なかなか良い。

 

ぼわっと分厚い油揚げが塩辛さ先行の甘さでにつけて合って、なかなか良い。

 

醤油の色がしみ込んだナルトとともに、青菜が盛られていて、実に見た目が良い感じ。

 

こんな朝早くからいい仕事を見させてもらったなぁ~と思う。

 

市場で働く人達が、親しそうに注文していて、いいなぁと感じる。

 

「今日は・・・親子丼!!」

 

「はい。親子度ね・・・」ってオバサンがオジサンに注文を通す。

 

新聞をまさぐりつつ、「たぬきね・・・」って奥の席に座っていくオジサン。

 

 

あぁ。いいな。朝の光景だなぁ~と感じた。

 

 

それから、船橋市場のもう一つコーヒーを飲めるところ。

 

ビーンズハウス 市場店。

 

いったら、いつものオジサンがいてうれしくなる。

 

共通の常連T君の話で盛り上がりつつ、コーヒーを淹れてもらう。

 

昔風の喫茶店でのむコーヒーの味わいがして美味しい。

市場カフェ山崎編集長、そば屋の玉芳の朝の風景とカレーライス。

 

コーヒー屋のビーンズハウスのオジサン。

 

いやーー朝から大満足。

ビーンズハウス 持ち帰り250円

ビーンズハウス 持ち帰り250円

市場を出たらまだ7時半。うぉぉーーー朝活最高!!!

 

で、妻と喫茶いずみに戻って3時間ぐらい作業する。


 

それから車で移動。

 

南柏のCAFE RHYTHM(カフェ リズム)

カフェリズム2019.2.18

カフェリズム2019.2.18

行ったら店内ランチ時でほぼ満席!!

 

すげぇぇーーーーー!!

 

 

まずは噂のジアマンチーマヨシマツ サントスのほうをデミタス!!

 

おーーーーーーー

深―――い!!

骨太!!!!

マロンとしたしっかりとした苦みに、あのヨシマツの香りが仄かにする。

とても深いと思いますが、香りが、というか豆の個性が残っているあたりが

やっぱり塚田さんすごい!!って感じ。

墨汁の流れみたいな風景が見える。

深煎りの中の甘味の焙煎であった。

 

 

そうして横で飲んでいる、妻のジアマンチーマヨシマツ ピーベリー

 

むぐぐーーーこっちも深い!!けどヨシマツ臭が無茶苦茶濃厚!!

うほーーーうまいと思う。

 

 

で、店主の塚田さんがおススメしていた、コッペパンのフレンチトースト。

 

結論から言うと無茶苦茶よかった!!

 

いやーーー柔らかくて絶妙。

 

その都度卵液に浸して作るらしいのですが、食感と卵の感じ、焼きの感じ。

 

カフェスタイルコジロウさんのやや食事よりのフレンチトーストも僕は好きだが、

 

カフェリズムのコッペパンのフレンチトーストは甘党の人にはたまらないだろう。

 

塩辛いものが好きな僕も美味しいと感じた!!

 

妻も大喜び!!

 

いやーー最高でした!!

 

コーヒーもすごいけど、このコッペパンフレンチトースト最高っす!!

 

食事も提供しつつデミタスもいい感じの総合力のあるカフェは、

 

コジロウさんとカフェリズムが関東では屈指の良さを誇ると思う。

 

 

それから調子に乗って、おススメのモカマタリのデミタス。

 

ぐほーーー

こっちも深い!!

けどモカ臭はっきり!!

目を閉じて飲んでいると、いつだか飲んだ大坊珈琲店のモカを思い出す。

ほかの深煎りのモカでは思い出さないのに、リズムのでは思い出すから不思議だ。

少し冷めてくると、その思い出す感じとなるモカの香りがより一層感じる。

記憶の中での比較なんでわからないが、少なくともリズムのモカにはそれを思い出させる

何か力はあった。

まぁ大坊珈琲もいつの時代のモノを飲んでいるかでも違うと思うし、人それぞれ感じ方は違うのだが、

僕個人のレベルでは、そういう感覚があった。

こういうことがあるからやっぱりコーヒーは面白い!!と感じる。

 

とても満足した気持ちでカフェリズムを後にする。

リズム近くにいた猫

リズム近くにいた猫

 


それから車でバシバシ移動!!

 

ストリームヴァレー

ストリームヴァレー

ストリームヴァレー

おおおおおおーーー

 

いったらここも混んでるやんけーーー

 

ホットな話題をビシバシ話す。

 

ギーセン(焙煎機)の話。

 

船橋にいる世界チャンピョンの話。

 

最近コーヒー屋で話題になっているA中学校の入試問題の話。

 

イエメンモカ、エチオピアモカ、豆を見せてもらったり。

 

柏で有名な中華そば屋のカレーの話。

 

いろんな話題が出たり引っ込んだりしながら、元の話に戻ったり。

 

老獪な将棋指しの将棋をしているような会話だった。

 

もう全然止まらない。

 

楽しすぎる!!

 

妻のクラリネットの時間が迫っていたので、まだまだ盛り上がりそうなところだったが投了(笑)

 

飲んだコーヒーはモカマタリ(アールマッカらしい)

 

コーヒー ほんと美味しかった!!

 

明るい水仙とかフリージアとかの匂いをうーーーんと薄めたような香り、

 

いわゆる昔のモカの香り。お化粧をする鏡台にしまわれているファンデーションのような感じの匂い。

 

いやはや、こういう香りはやっぱりベテランの感性なんだなぁ~と感じました。

 

 

あーーー近場でも大変面白かった!!

 

今日は車移動なんで全然歩かなくて3000歩!!

 

明日からもコーヒー頑張るぜ!!!

 

2月25日(月)~2月27日(水)まで遅めの冬休み。

ブログ更新は2月27日(水)を予定しております。

このパターンの時は皆さんご存知ですよね・・・お楽しみに!!

グイグイコーヒーツアーwith関家(青蛾、珈琲店長月、珈琲屋うず,などなど)

今日は関さん一家が来京!!

 

早起きして新橋へ向かいました。

 

 

久しぶりの通勤電車。

 

船橋から新橋へ。

 

大体7時30分ごろ到着。

 

今日は妻は用事があるので、前半は単独行動。

 

単独行動なんで普段できないこと。それは立ち食いソバ。

 

関さんと合流する前に行ってきました。

 

 

 

虎ノ門には割と立ち食いそば屋があるが、

 

「立ち食いソバ紀行」で10点満点中8点いっている小諸そばと、

 

10点中10点の峠そばが大変僕の興味をそそり、そこへ行ってみようと思った。


まずは小諸そば!!

 

「小諸そば 虎ノ門一丁目店」

小諸そば 虎ノ門一丁目店

小諸そば 虎ノ門一丁目店

かけそば!!

 

かけそばを待っていると、わりと若いけどハキハキした店員さんと、ベテランオジサンが仕込み場と洗い物

 

担当でいて、オペレーションを見ていると好感が持てる。

 

この界隈のサラリーマンたちが次から次へと入ってくる。

 

店内は盛況だ。

 

ストイックに水を飲まないようにする。

 

 

かけそばはキラキラしていた。

 

皆さんの方がご存知でしょうけど、

 

小諸そばのかけそばってホントかけそばで、汁とそば以外は何も入っていない。

 

カウンターにネギがあるので、それをかけ放題。

 

割と多めにネギ入れて食べる。

 

麵は柔らかいけど、ふんに、っていう印象の麺。

 

柔らかすぎず、ほわって なんだか「そばかうどんか?」と問われるとそばだよね、って言えるような感じの香りはする。

 

汁も強すぎず弱すぎず、カツオっぽいような香り、甘味がありバランスが取れている

 

かといって醤油もきつくない。甘味&カツオバランス系の汁だなぁという印象。

 

いやー美味しかったなぁ~という感じ。

 


そうして、お次は峠そば・・・

 

っていったらお店がやっていない・・・

 

とほほーーー

 

 

まぁ今日は妻がおらず、スマッフォの力も借りられないので、そのままゆっくり散歩をした。

 

 

巨大なビル街に突然の銅像。

坂本リョウマと勝カイシュー

坂本リョウマと勝カイシュー

サカモト竜馬と勝カイシュー

 

 

なんとも味わい深い坂道をあるいたり、

味わい深い坂

味わい深い坂

 

赤坂の古い時間の名残を感じたり、

こういう店も赤坂にある

こういう店も赤坂にある

素敵そうな本屋を見たり、

ライオン堂 本屋

ライオン堂 本屋

 

ひえーー昭和すぎる!!

赤坂コインランドリー

赤坂コインランドリー


そして無事に関さん一家と合流です。

 

 

まず新宿へ・・・

 

ベルクへ寄り道!!

思わずベルク!!

思わずベルク!!

 

ホットドックとおなじみ野菜と牛肉スープ

 

ホットドックは相変わらずで、もう最高です!!

 

表面がパリッとしつつふんわりとしたかみ切りやすいパンに、

 

パリッと肉をはっきり感じさせるソーセージが大変に合う。

 

肉とパンが一体化していてすごい!!

 

うぅぅーーー美味しいっす!!

 

このパンの感覚と肉!!って感じを味わいたい!!

 

 

また、おなじみ野菜と牛肉スープ。

 

ベルクの公式ツイッターによると外食スープとしては日本一薄味だろう。と書かれている。

 

まさにその通り!!

 

自分で塩味をつけるのがなんだか醍醐味っす。

 

やっぱり必ず飲みたいです!!

 


それからホットケーキ

小田急 本館の2階にある、カフェナチュレ

カフェナチュレ

カフェナチュレ

ここでプレーンのホットケーキ

 

表面はガリっと焼けていて中はもふもふ系しっとりという感覚。

 

粉が焼けて甘い感覚よりも、いわゆるホットケーキ香がしてくるような感じが強い。

 

カリッと部分はきっちり形成されつつ、もふもふ食べられる印象だ。

 

きめの細かさは普通だ。

 

サクッと食べてさらに次へ・・・

CGみたいな青空だ!!という関さんの言葉が印象的であった。

割と窓が広くて見晴らしがいい感じのお店。気持ちが良い!!


開店とほぼ同時に

 

「青蛾」

青蛾2019.2.13

青蛾2019.2.13

イエメン ブラ デミタス

 

美味しい!!

おーーー綺麗な酸味。

ぬーーーっと広がる香りがある。

味わいの構成が酸味に屹立していて広がっている感覚が強い。

屹立してそこから山の襞のようにモカの香りが広がっている。

 

さっくり飲んで、少しみんなで会話して、


ここまで来たのでということで・・・

 

「珈琲店長月」

珈琲店 長月

珈琲店 長月

グアテマラ デミタス

 

おなじみの器で出てくる!!

前回飲んだ時より酸味の割合が減っている印象だが、なんだか印象は似たようなところでまとまって

いる感覚。

前回来た時より明らかに、液体がはっきりとしている印象。

やや苦み先行の酸味・・・グアテマラのサツマイモ感も割と出ている。

なんかやっぱり手回し深煎り系の中では産地の感じを感じるようなコーヒーだ。

 

またまた、皆で会話してなかなか面白かった(笑)

 

飯田君がむっちゃ緊張したーって言っていたのが印象的であった。

 


 

僕の妻と合流しつつ、関さん達と一度分かれて、

 

一緒にベンチで軽く昼寝する。

 

広尾の高級住宅街もチラっと散歩した。

 


 

それからもう一度関さん一家と合流。

 

今度は・・・

「珈琲屋うず」

夜のうずはさらにカッコいい

夜のうずはさらにカッコいい

ぶはーーーいったらいい感じ!!

 

何がどういい感じか知らないけど、

 

いい感じぃ~

 

今日の注文は

 

妻が小春日和でフンワリとしたコーヒーを注文・・・しかけたけど・・・

 

ナナイロチョコレートの誘惑に負けて、チョコとコーヒーのセット。

 

にしたので、その言葉を引き継いで、

小春日和のふんわりとしたコーヒー デミタス

 

ほぇーーうまし!!

うまし!!

苦味に入りつつモカ モカモカぁぁぁーー

妻はつくしがピョコピョコと生えている印象と言っていた。

僕は柔らかに苦みから入りつつモカ モカ モカぁぁぁーーーって感じ。

モカモカモカぁぁーーが暖かい日差しを感じさせる。

今日飲んだコーヒーでは一番目的意識のハッキリとしたコーヒーだった。

夜だからか?!夜だからこんなにいいのか?!

なんだか、やっぱり古屋君のコーヒー印象に強く残る!!

 

関さん達の列車の時間があるので飲んですぐに店を出た。

 

またまたまた、みんなで会話ができて楽しかった(笑)

皆優しくしてくれてどうもありがとうございます!!

 

 

今回も関さん達は時間ギリギリまで楽しんだ感じ。

 

かけそば、ホットドック、ホットケーキ。

デミタスのコーヒー×3

 

ほひーーーー

 

今回もとても楽しい関さんと遊んだ一日であった。

 

今日は無茶苦茶歩いて27000歩。

 

じじぃになってもコーヒー頑張るぜ!!

ゆっくり休日 運動公園散歩、市川 珈琲飄々、凧揚げ、ゆぱんき

立春大吉 一陽来復!!

 

いやーー暖かい立春でした。

 

近場でわりと緩い一日を過ごしました。

 

 

朝は朝食を簡単に済ませて、近くの運動公園へお散歩へ・・・

 

まだ冬の感じの運動公園

まだ冬の感じの運動公園

 

空を見上げると天気が良く気持ちいいです。

青空!!

青空!!

 

子供のころから大変良く遊んだ小川へ・・・

 

今日は水量が多くいいい感じだった。

子供のころからの遊び場

子供のころからの遊び場

 

沈む橋のある池のそばで休憩して軽いお散歩を終える。

 

沈む橋の池

沈む橋の池


それから本格的にお出かけ。

 

小腹を空かせてチャンカーオ!!

チャンカーオ2019.2.4

チャンカーオ2019.2.4

やっぱりカオマンガイ!!パクチー増し!!

 

 

むはーー無茶苦茶うまい!!

 

 

相変わらず!!

 

ほんと一緒についてくるスープが最高っす!!

 

スープをかけてライスと鶏肉と、一緒についてくるタイのタレ、パクチー

 

これらが入り混じって最高!!

 

さらに生春巻きについてたソースも惜しみなく混ぜちゃう。

 

美味しい!!

 

最高です!!

 

食べていたらアッという間に満席だったので、サクッと食べてお店を出た。

 


そうして市川へ向かいます。

 

いつもの市川 珈琲 飄々へ

飄々2019.2.4

飄々2019.2.4

近況報告を交えつつ、

 

ムニールモカ デミタス!!

 

ほわーーーー

滑らか!!

落ち着くやさしさ!!

滑らかな苦みから甘味に落ち着いてくる。

少し冷めてくると独特なプーアール茶のような香ばしいにおいが混じってきて面白い。

やっぱりなめらかで甘いのが飄々の特徴だ!!

これは開店直後から全く変わらない!!

カレーが2日ぐらい経って味わいが滑らかにまとまっていくのと同時に食材も煮溶けてなめらかに。

そんなのが混然一体となる。

そういう感覚の味わい。

 

 

 

お次はニカラグア デミタス

 

ほわーーー

滑らかさは相変わらず。

深さも相変わらずだが、うっすら酸味がある。

黒い感じの干しブドウの皮みたいな凝縮された酸味がのっかっている。

もちろん深煎りのコーヒーなんですけどそこら辺の具合が絶妙です!!

美味しい!!

 

ゆっくりと楽しみました。


 

それからテクテク

 

江戸川へ移動

おやつの時間の江戸川

おやつの時間の江戸川

凧あげをやりに来ました。

 

天気が良くて暖かくて風もけっこう吹いていて凧あげ日和!!

 

いい感じに凧があがる。

いい感じ!!

いい感じ!!

とっても楽しい!!

凧揚げ楽しい!!

凧揚げ楽しい!!

中二病なんで、「あそこは気流が違う!!」とかすぐ言っちゃう(笑)

なんかあそこは気流がちがう(笑)

なんかあそこは気流がちがう(笑)

コーヒー界で凧と言えば、今は亡くなられた福岡 美美の森光さんだ。

 

著書のモカに始まり(産地紀行編)のP140に

正月にお客さんと凧揚げを楽しむのが年中行事である。

 私は「珈琲を正して辛抱強く待つ」ことを凧から学んだ。

珈琲は生豆から焙煎、抽出、飲用までの一貫性にある。私は風の吹くままにモカ・コーヒーの旅に出た。

それからは人との善き出会いがこの旅を支えてくれた。いま私は糸で結ばれた手と凧のように、手の中のモカに還る。

 

後半の飲用部分は一見一貫性のないようなことが書かれているようだが、森光さんの中で凧の糸で結ばれた事象のようにつながっているのだろう。

こういう思索の脳みその使い方の感じが、昨年出版された「珈琲屋」には話し言葉になっていてより濃厚にあられている。

 

 

で、今日久しぶりに凧揚げがしたくなった僕も、凧揚げをしていた森光さんのことをチラっと思いながら

 

凧を揚げていて、凧の糸で結ばれているのだなぁと思った。

 

まぁむずかしーこと書きましたが、凧揚げ無茶苦茶楽しいっす!!

 

 

グングン揚がる!!

 

グングン揚がる

グングン揚がる

凧を仕舞う妻

 

凧を仕舞う妻

凧を仕舞う妻

なかなか良い江戸川河川敷であった。

江戸川 青春の群像

江戸川 青春の群像


それから駅前に戻ってきて

 

無茶苦茶深煎り ゆぱんき

ゆぱんき

ゆぱんき

今日はお店で一番深いインディア

 

うはーーー無茶苦茶深い!!

炭ではないが、あと一歩行ったらもう崖から落ちる!!

産地由来の味わいというか、深く煎られたものを味わう感じ!!

でもぜんぜんしつこくなく、押しつけがましくなく。

ギラっと刃物が見える味わい。

 

妻のマタリを一口いただいたが、期待を裏切らない良さ。

 

今のコーヒー屋さんではこんな味わい創る人いないだろうなぁ~という感じ。

 

これは産地由来の味わいがしっかり乗っている。

 

硬派なコーヒーに嬉しくなって店を後にした。

 


 

そうして今日の夕食!!

 

今日は簡単にカジキとムール貝のトマト煮

ニンニクと鷹の爪 油に香りを移して・・・

いつもの手法

いつもの手法

カジキを焼いて・・・

かじきを焼く

かじきを焼く

いったん取り出し、

 

ニンジン、玉ねぎ炒めて、ムール&トマト缶。味は塩だけでOK

ムール貝 トマト缶

ムール貝 トマト缶

むはーー美味しかった!!

 

 

今日は14000歩

 

ゆっくりといい感じの休日。

 

次週は2月11日(月 祝)は営業しますので、2月12日(火)にブログ更新です。

時間軸を固定した焙煎 頑張るぜ!!!