2013年最初のコーヒー店めぐり・・・(宮越屋珈琲)

今日は新年早々、コーヒー店へ行ってきた。

コーヒー好きの友達が赴任先の石川県から東京に戻ってきているとのことだったので、

東京駅で待ち合わせする。

本来ならばコーヒー詣でにカフェ・ド・ランブルへ行きたいのだが新年は8日から営業。

また十一房も営業しているかと思ったけど、これも店の前まで行ったけど営業はしていなかった。

さすがにあかんのかぁーと思った。

ところが今日はネタがあるんです。

「しめぎモカ」があるとお客さんから聞いたのです。

「しめぎ」ってコーヒーの鬼といわれた、標交紀(しめぎ ゆきとし)さんの名を冠したコーヒー。

標さんは、以前このブログにも書いたけど、

カフェ・ド・ランブルの関口一郎氏

バッハの田口護氏

に並ぶ日本の偉大なるコーヒーマンだ。

もう当の標さんは鬼籍に入られてしまい、彼のコーヒーは飲むことが出来ない。

そんな標氏の名を冠した「しめぎモカ」。

それが新橋の「宮越屋珈琲」にあると聞いたので、ちょうど良い機会なので行ってきました。

場所は新橋駅近く。

 

とっても分かりやすい場所にある。

もしや超裏メニューなんじゃ????と不安だったが店員が差し出すメニューに「しめぎモカ」の名がありホッとする。

はいコレね。

しめぎモカ

しめぎモカ

ネルドリップで淹れられているしっかり目のコーヒー。

「しめぎもか」は酸味に縁取られて苦味、コクに裏打ちされた美味しいコーヒーであった。

ちゃんと抽出したときのイメージの焦点がしっかり結ばれているコーヒーだなと感じた。

また、どちらかというと古典的な味わいの系統でのネルドリップコーヒーだとも思った。

多店舗展開していてたいしたことないだろうと思っていたけど、全然違った。

わりと入りやすい感じの店構えですので、初心者の方はどうぞ・・・

コメントする